下肢(腰・尻・腿・膝・足)の痛み 患者さんの声

こちらでご紹介している福山市在住の患者さんから頂いた「患者さんの声」は、すべて実名での掲載を快諾して頂いております

「脊柱管狭窄症がより悪化」と診断された患者さんの声

  • 3月21日に物を持ち上げた時に腰を痛めました。一発で左腿から左足のふくらはぎまで激痛が走り、特に前かがみの姿勢をすると途中から痛みが強まります。
  • 2年前に腰を痛めた時に治療をうけた病院に行き、診てもらいました。激痛があるので今回もMRIを撮りました。前回も言われましたが、私には脊柱管狭窄症があり、前回よりも大分悪化しているとの事でした。
  • そこで病院での治療を受けながら、掛け持ちで他の治療院へも行きましたが、全く症状が改善されませんでした。相変わらず前かがみをすると左腰から左ふくらはぎに激痛が走ります。寝ていても寝返りをした時に左腰から足に痛みが出て、目がさめます。
  • 脊柱管狭窄症が以前より悪化していると言われ、まじめに治療を受けているのに全く良くならないので、はたして元通りの生活が出来るようになるのか不安で一杯でした。
  • そんな折、ホームページで高木整骨院を知り、5月2日に初めて治療を受けました。翌日から連休に入ったため3日間治療はお休みでした。連休明けからまた通ったところ、4回ほど治療を受けたあと、嘘みたいに激痛が取れました。腰を全く気にせず元通りの生活を送ることができるようになり、嬉しい限りです。
  • 福山市春日池 佐藤泰子さんから頂いた「患者さんの声」です。

慢性腰痛→腰曲がり→脊柱管狭窄症で苦しんだ患者さんの声

  • 私は20歳代後半に腰を痛めました。いろんな所で治療を受けたのですが、治してもらえませんでした。そのまま働いてきたので、どんどん具合が悪くなってきていました。いつも腰や足に痛みがあったので、100mぐらいの距離でも休み休み歩いていました。
  • 腰が悪いのに無理をしたため、自分で触ってわかるぐらい腰骨が後ろへ飛び出してしまい、腰曲がりの状態になりました。特に疲れが溜まった夕方以降は全く腰が伸びず、自分の目の上より高い所にある物を取る時は手探りして取っていました。
  • 毎夜寝る時も痛みがあり、寝返りするのも辛い状態でした。その上、病院でMRIを撮ってもらったら、先生に脊柱管狭窄症まであると言われ、がっくり来ていました。
  • そんな折、以前勤めていた会社の社長さんから高木整骨院の話を聞いたので、治療を受けて見ることにしました。「酷い状態なので、すぐには治りませんよ」と先生に言われましたが、ここに賭けてみようと思い、暫らく続けて治療を受けました。
  • そのうち1日中続いていた強い坐骨神経痛の痛みが取れてきました。後ろに飛び出していた腰骨も大分引っ込んできて、姿勢も良くなってきました。また、100m歩くのも大変だったのが、次第に歩ける距離も伸びてきました。痛みのない生活を毎日送れる事を喜んでいます。
  • 現在も腰の手入れのために定期的に通院しています。治療を受ける時は、雨の日以外は運動も兼ねて徒歩で通っています。多治米の自宅から丸の内の高木整骨院までは片道約3キロ、往復で6キロです。100m歩くのに苦労をしていた以前の事を思えば、夢のようです。
  • 福山市多治米町の村上和之さんから頂いた「患者さんの声」です。

ひどい腰痛で寝たきりになった患者さんの声

  • 以前から腰はよくなかったのですが、2013年4月中旬頃に一気に悪化し、腰痛で動けなくなりました。仕事の関係で長期入院はできないため、自宅で安静にしていました。しかし強い痛みのため、寝返りやトイレに行くことにも苦労していました。
  • 歩くことが殆どできなかったので、暫くの間高木先生に往診をしてもらいました。動けるようになって通院し、約2ヵ月で6月中旬から仕事に復帰しました。一時はもう仕事が出来ないかと心配していました。
  • 福山市霞町の広井誠司さんから頂いた「患者さんの声」です。

 

坐骨神経痛に苦しんだ患者さんの声

  • 腰が悪くなり、1年半ほど病院やいろんな治療院に通いましたがよくならず、むしろどんどん悪くなって来ている感じでした。会社の同僚に紹介されて高木整骨院へ行った時の症状は仕事をしていても常に腰が痛く、最初は腰だけだった痛みが、左のお臀から大腿の裏、ふくらはぎにまで強い痛みが出て、休まないで100m続けて歩くことはできませんでした。
  • 坐骨神経痛を通院して治してもらいましたが、また悪くなったら困るので、現在も月1回腰の手入れのため通院しています。
  • 福山市駅家町の西原栄造さんから頂いた「患者さんの声」です。

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症で苦しんだ患者さんの声

  • 若い時に腰を痛め、現在でも調子が悪くなると右腰から右ふくはぎまで痛みがでます。一度腰の精密検査を受けたほうが良いと思い、2年ほど前にMRIを撮ってもらいました。すると素人でも分かるほど大きなヘルニア脊柱管狭窄が見つかりました。それを見て主人は早く手術をした方が良いのではないかと言ってました。
  • 高木先生に相談したところ急いでしなくても良いと言われるので、悪化しないよう定期的に治療に通い、現在も普通に生活しています。しかし好きだった畑仕事もやめ、長時間乗り物にのる時はコルセットを使ったりと、疲れを貯めないように気をつけています。
  • 福山市駅家町の大原美樹子さんから頂いた「患者さんの声」です。

巨大ヘルニアで、手術を勧告された患者さんの声

  • 以前から腰が悪かったのですが、どんどん酷くなってきました。最初は右腰の痛みだけでしたが、右のお尻から右足、それからかかとや右足先にまで強い痛みが出だしました。歩くのもつらくなったので家族の手を借りて、整形外科に行きMRIを撮ってもらいました。
  • 診断で「巨大ヘルニアがあります。早く手術をすべきです。来週の都合はどうですか?」と言われました。急に手術と言われても心の準備が全く出来てなかったので、翌週の手術予約は入れませんでした。
  • 強い痛みが続いていることや、「巨大ヘルニアがある」とか「早く手術をすべき」と言われることは、どう考えても重症だから手術に踏み切るべきだと思う気持ちはありました。しかし一方では手術を受けるのは大変怖いし、手術をしても完全に治る保証はないから、手術はしたくないという気持ちもありました。どうすれば良いのか毎日悩んでいました。
  • 丁度その頃、ホームページで高木整骨院のことを知り、一度治療を受けてみようと思いました。通院するにもあまり歩けないので、最初は家族の者に自動車で連れて行ってもらいました。暫く治療を受けていると歩けるようになったので、それからは自分一人で電車で通院しました。
  • 歩けるようになったといっても、一人前に歩けるわけではありません。当初は福山駅からすぐの高木整骨院に行くにも、途中の公園のベンチで休んだり、傘を杖代わりにつきながらやっとたどり着くという有様でした。
  • しかし治療を続けているうちに、どんどん良くなり、いろんな事が出来るようになりました。ついには日常生活にも支障をきたさなくなるまで回復できました。東北地方に旅行に行くことが出来たし、先日はマツダ球場に行き、カープを応援してきました。あんなに重症だった腰痛が手術をしないでここ迄良くなって、嬉しく思っています。
  • 福山市駅家町の小川みささんから頂いた「患者さんの声」です。

膝関節症で、歩くのも大変だった患者さんの声

  • 長い間膝が悪くて苦しんでいました。知人の紹介で1昨年の春、高木整骨院を訪れました。その時の症状は典型的な膝関節症で、膝の炎症が酷く、1年間で計12回(右膝6回、左膝6回)“水”を抜きました。また膝の関節は痛みだけでなく、あまり曲がらなくなっていたので、階段や坂道だけでなく、平坦な所でさえ歩くのが大変でした。
  • 治療を受けた最初の日に「まず腰を治して、硬くなっている大腿や膝の裏の筋肉を緩めなくてはなりません」と説明を受けました。腰が長い間悪いと、膝にも悪い影響が出るなんて、全く知りませんでしたから、何故膝が辛いのに腰の話をするのか不思議でした。
  • しかし治療を受けるとどんどん良くなり、殆ど曲がらなかった膝が正座ができるようになったし、歩くことさえ不自由だったのに小走りもできるようになりました。水も溜まることもありません。私が長いあいだ膝の問題で苦しんでいた事を知っている人たちは驚いています。
  • 福山市草戸町の柿原千枝さんから頂いた「患者さんの声」です。

「入院してから歩けなくなった父が!」娘さんの声

  • 私の父が88歳で総胆管結石になり、手術も含めて1ヶ月余り入院した時のことです。数日で退院という時になって、左の足首が思うように動かなくなりました。すぐリハビリを開始してくださいましたが、左足の腿を大きく引き上げないと歩行できない状態のまま退院しました。
  • かかりつけの先生から整形外科への紹介状を書いて頂きましたが、他にも急ぐ用が次々とあって、なかなか病院に行くことが出来ませんでした。その間、父は自宅の2階で腿をぐっと引き上げて歩く練習を毎日しておりました。
  • ちょうど私が高木整骨院に肩こりの治療で通っていましたので、父のことを先生に相談すると、「まあ来てみなさい」と言って下さいました。父は○○病院で足が悪くなったと思い込んでいましたが、高木先生は「これは腰からきているんですよ」と丁寧に悪くなったしくみを話して下さいました。腰が悪くなって痛みを感じなくなる位まで鈍くなり、膝、足首、足の指と痺れが広がって行ったとのことでした。
  • 腰を中心に治療して頂いたお陰で、一年後には左右の足先の温度差もなくなり、左足にも十分体重がかけられる所まで回復しました。
  • その後も定期的に通院を続け、お陰さまで満93歳で亡くなるまで2階への上り下りを続けることができました。高木先生には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
  • 福山市北見台の浅野明子さまから頂いた「患者さんの声」です。