治療方針・信条|高木整骨院 広島県福山市

こちらでは当院の治療方針・信条についてご説明しています。

治療方針・信条

  • 当院では院長である私自身による手技と脊椎矯正で治療を行います。症状によっては針治療を併用することもあります。
  • 手技とは治療のポイントになる箇所に指圧を加えたり、関節を動かしたりと諸々の手をつかって施す治療技術の総称です。脊椎矯正療法とは脊椎の歪みを治す治療法のことです。
  • 当院では医療機器は使用せず、助手も使いませんなぜそうするのか?
  • 私は大学生の時、事故で重い腰痛とむち打ちになり、長くつらい患者時代がありました。全国で評判の病院や治療院に行きましたが、症状は改善しませんでした。ある時、自分自身の手で自分を治療しようと発想を変え、治療家へ進むことを志したのです。治療法を試行錯誤しながら学び、自分の体も元に回復することができました。この体験から、私が患者時代に受けた治療方法(医療機器や助手を使うやり方)では軽症の場合はともかく、
  • 私のような重症の場合は「丁寧に自分の手だけで治療しないと治らない」と確信しました。
  • あちこちへ通院してみたが治らないという患者さんの治療をしたいと願っています。一時しのぎではなく、手技と脊椎矯正療法による根本的な治療を目指しています。
  • 高木整骨院 院長 髙木正文

なぜ私は小西先生流の治療法がよいと信じるのか?(もっと詳しくご説明)

  • 私が治療家を志したのは自分のケガがきっかけです。大学時代にプールで高飛込みをしていて首と腰を負傷しました。早く負傷前の状態に戻りたいので、受傷直後から、そして社会人になってからもいろいろな病院、治療院に通院しました。評判が良い所があると片っ端から治療を受けましたが、結局治してもらえませんでした。

    体調が悪いまま不安な気持ちを抱えていました。しかしある時、もう他人に治してもらうことを期待しないで、自分の体は自分で治そうという考えに至りました。患者の立場から治療する側へ変われば、自分の体が実験材料になるし、今まで患者としていろいろな治療を受けた体験も生かせると思ったからです。

    29歳で専門学校に入学し、治療の道に入りました。多くの先生や勉強会でご指導をいただきました。私自身の体も、勉強会に行っていた治療家仲間といろいろ検討しながらお互いの体を治療しあうことで、2,3年後には日常生活に支障がない程度まで回復しました。

    患者時代に受けてきた治療(治してもらえなかった治療)の内容を検討することは、自分の治療技術を磨く上で大変役に立ちました。反面教師として「あんな治療では治せなかったはずだ」ということで。

    昭和55年に専門学校を卒業し、柔道整復師と鍼灸師の免許を取得してから、大阪の豊中市に開業しました。当初は治療経験を積むためと安定した収入を得るために、健康保険を適用した治療を行っていました。健康保険を適用すると患者さんの負担が少なくてすみ、来院し易くなるからです。しかし、患者さんが多いと、どうしても助手や医療機器を使う治療になっていました。心ならずもでした。

    ずっと教えを受けていた小西賢蔵先生からは「良い治療をするためには、自分の手の感覚を磨いて患者さんの訴えだけに頼らず、自分の指先で診断し、治り具合も指先で把握しながら、全て自分の手だけで治療をしなさい」といつも言われていました。私も全く同感で、小西先生のように実費診療で、じっくりと重症の患者さんを中心に自分の手だけで治療をしたいと常々思っていました。
  • 昭和58年に福山に帰ったのを機会に決断し、以来、理想とする小西先生流の「全て自分の手だけによる実費治療」に取り組んでいます。
  • -------------------------------------------------------------------------------------------------------
  • ではなぜ小西先生流に「患者さんの訴える症状だけを治療するのではなく、自分の手で触診し、治り具合を指先で把握しながら治療する」ほうがよいのでしょう?具体的な例で説明します。

    例えば右腰に腰痛が出た人がいたとします。痛みは慢性化すると、初期の強い痛みから我慢しやすい鈍い痛みに変わってくることが多々あります。患者さんは一般的に痛みの強さだけで判断しますので、治ったから痛みが薄らいだのか、慢性化して鈍くなったのかは区別がつきません。しかし治ってなければ神経圧迫は続いているので、右腰の筋肉はどんどん硬くなっていきます。痛みは鈍くなっても体は右腰を庇い、自然に左腰に重心を掛けるので、今度は左腰が悪くなり、痛みが鈍化していない左腰の痛みを訴えます。

    この患者さんの話を聞いて、左腰だけを治療するようでは駄目です。しっかり触診をすると長い間右腰が悪い人は必ず右腰から右臀部、右下肢の筋肉の弾力も低下しているはずです。患者さんが治っていると思っている右腰の治療も十分行う必要があるのです。
  • このことを患者さんには「あなたが話してくれることより、筋肉の状態の方がもっといろいろ教えてくれる場合があるのです」と説明しています。
  • -----------------------------------------------------------------------------------------------------
  • 患者さん一人ひとりに対して全て自分の手だけで治療を施しているため、あまり多くの人数を診ることは出来ません。しかし自分にとっては大切な治療方針です。
  • 健康保険は適用しないで実費診療を行っていますので、他の病院や治療院で治らなかった方が多く来院されています。