肘の痛み・手のしびれ・腱鞘炎 の症状と治療

こちらではQ&A形式で、痛みの症状と治療のポイントをご説明しています。痛みの症状が改善された「患者さんの声(上肢)」もご参考にどうぞ

肘の痛み・手のしびれ・腱鞘炎。治療のポイント

Q1:手のしびれ感が続くので病院に行ったところ、気になっている手ではなく、首を検査されました。何故でしょうか?
A1:手の方へ行く神経は、首の下部から出発し、肩、上腕、前腕を経由して手、指に至ります。手にシビレ感が出ているのは、手そのものに原因があるのではなく、神経の出発点である首に原因があるのではないかと推測して首を調べるのです(下図参照)
同じような質問は足の痛みについても時々されます。腰からでた神経が臀部を通り、足に分布しているので、足の痛みの原因は足そのものではなく、腰の方に原因があると考えるから腰の検査をします。
Q2:肘の痛みがなかなか取れず、近頃は手首から親指の付け根まで痛くなっています。
A2:手首や親指の付け根の方まで痛くなっている症状を一般的に腱鞘炎といいます。腱鞘炎は、痛みの出ている肘や親指の付け根を治療するだけではダメです。
肘や手の方へ分布している神経は同じ側の首の付け根から肩、肩甲骨の後、上腕からつながって来ています(下図参照)。肘の痛みが捻挫などでなく、疲労の蓄積で起きている場合は大体肩にコリがあったり、肩甲骨の周りの筋肉も硬くなっています。
一時しのぎではなく根本的に治すなら、まず首の矯正をした後、肩甲骨、上腕の筋肉をゆるめ、神経圧迫を取り除いた後に、肘、手首などの治療を施すことが大事です。