椎間板ヘルニア の症状と治療

こちらではQ&Aで、痛みの症状と治療のポイントをご説明しています。痛みの症状が改善された「患者さんの声(下肢)」もご参考にどうぞ

椎間板ヘルニア。症状と治療のポイント

Q1:先日腰痛で病院に行きレントゲンを撮ってもらったところ、ヘルニアだと言われました。手術をしなければならないのでしょうか?
A1:ヘルニアとは「突出」という意味で、この場合は腰部椎間板ヘルニアのことです。レントゲンよりMRIのほうが詳しい状況がわかります。
脊椎は椎骨とクッションの役目を果たす軟骨の椎間板で構成されています。椎間板ヘルニアは、椎間板の中にある髄核の一部が突出して坐骨神経根を圧迫した状態をいいます。下図(上)は正常な椎間板。下図(下)はヘルニアになった椎間板の状態です。
腰部椎間板ヘルニアは坐骨神経痛を悪化させる原因の一つですが、ヘルニアがあるからといって必ずしも手術をしなければならないということはありません。病院の先生に手術のことを尋ねても「暫くは様子をみましょう」と言われるはずです。
まずは保存療法(手術以外の治療)を行い、それでも生活に支障をきたす様な強い痛みや筋力低下など酷い症状が改善されない場合に、初めて手術について考えるのが最近のやり方です。実際にMRIを撮ってヘルニアが確認されている方が多く来院されますが、手術をした方が良いのかなと思われる人は少数でした。
椎間板ヘルニアは多くの場合、手技脊椎矯正、場合によっては針治療を併用する、といった総合的な治療によって症状の改善が見られます。