上肢(頭・顔面・首・肩・腕・肘)の痛み 患者さんの声

こちらでご紹介している福山市在住の患者さんから頂いた「患者さんの声」は、すべて実名での掲載を快諾して頂いております

顔面の三叉神経痛に苦しんだ患者さんの声

  • 5年くらい前から右顔面の三叉神経痛が治らず苦しんでいました。痛みが出る時は顔の右半分全体、まぶたの周りから歯ぐきまで、電気が走るような強い痛みがあります。
  • まばたきしても痛いし、風にあたっても痛むので顔も洗えません。夜寝ていても痛みが出て眠れなくなることも度々でした。強い痛みが予告もなく急に出るので、いつもびくがくしていました。
  • いろんな所で治療を受けましたが良くなりません。神経内科へも通院しますが、痛み止めを出されるだけで根本的な治療はありませんでした。痛みは予告なく急に出るのでいつもビクビクしていました。
  • そんな折、友達から高木整骨院を教えてもらい通院したところ、きれいに治りました。
  • 高木先生の説明によると、三叉神経は首の横上の方を通って顔面に分布しているそうです。顔面への入口にあたる耳たぶの下の方の筋肉が硬くなって神経を圧迫すると、顔面の三叉神経痛が起こり易いそうです。そう言われてみると、私は以前からずっと首や肩の凝りはひどかったです。
  • また先生から「三叉神経痛が起こる前から頭痛がしたり目が疲れたり眠りが浅いと言ったことはありませんでしたか。そして三叉神経痛が出だしてから、時々耳鳴りがしたり、ふらつきが出ることはありませんでしたか?」と質問されましたが、全くその通りでした。
  • 肩こりがひどくなったり首筋が硬くなると、こんなにいろいろな症状が出るということを初めて知りました。
  • 母を毎日自宅で介護しているので、どうしても首や肩の凝りがひどくなります。凝りがひどくならない様に定期的に治療を受けています。それも良いのか、最近は全く三叉神経痛は起きていません。
  • 福山市東川口町の中村恵美さんから頂いた「患者さんの声」です。

頭痛・疲れ目・不眠で悩む患者さんの声

  • パソコンを長時間続けて使用した時は、首や肩や背中が凝り、腕までだるくなることがあります。ひどくなると目が疲れ頭痛がしたり眠りが浅くなって疲れが取れません。
  • そんな時は治療を受けに行き、肩や背中をほぐしてもらった後、首を矯正してもらうと、痛みも取れ、元気が回復します。
  • 福山市御幸町の岡本嘉晴さんから頂いた「患者さんの声」です。

むち打ち症(頸部捻挫・外傷性頸部症候群)で苦しんだ患者さんの声

  • 私は2回もむち打ち事故に遭いました。1回目は平成13年5月12日、福山市御船町を走行中に追突され、むち打ち症になりました。他の医療機関で治療を受けていましたが、調子が良くなりませんでした。知り合いの方に高木整骨院を紹介されました。しばらく通院して治療を受けると調子が良くなり、その後元通りに生活をしていました。
  • しかし、平成22年2月27日、神戸市内を走行中にまた追突されました。2回目の事故は衝撃が強くて運転していた私だけでなく、同乗していた家内、家内の妹、長男、長女、の計5人全員が程度の差はありましたが、首や腰を負傷しました。今度は最初から高木整骨院で治療を受け、全員治してもらいました。
  • むち打ち事故に遭うと、疲れたり、天気が悪くなると負傷した個所に痛みがでると、よく言われてますが、全員皆そんな後遺症も出ることなく元気に暮らしています。
  • 福山市西町の佐野欽一さんから頂いた「患者さんの声」です。

ひどい肩こりにより、多くの症状(頭痛・不眠・自律神経失調症・肘痛・腱鞘炎・メニエル・耳鳴り)がでた患者さんの声

  • 私は学生時代から肩こりがあったので、時々高木整骨院で治療を受けていました。が今思えばその頃の肩こりの程度はそれほど酷いものではなかったと思います。
  • 学校を卒業して社会人になって働き出すと、一気に肩や首の凝りがひどくなって、色々な症状が出てきました。一番の原因は、毎日仕事で長時間連続してパソコンを使用しているためだと思います。
  • 頭痛が強くなり、目が疲れたり、寝つきが悪くなってきました。そして肩のこりが一層ひどくなると、背中が張ったり、右肘が痛くなったり、右の手首に腱鞘炎が出だしました。そのうち今度は、右の顔面に三叉神経痛が出たり、耳鳴りがしたり、時々ふらつきが出てきました。
  • 学生時代に肩こりの治療を高木整骨院で受けていた時、隣のベッドにいた症状の重そうな患者さんに先生がこう説明していたのを覚えていました。
  • 「肩こりや首の凝りをなめてはいけませんよ。最初は頭痛がしたり、目が疲れるだけですが、ひどくなると背中が痛くなったり、肘や手首にも痛みが出ます。最後には耳鳴りがしたり、三叉神経痛やふらつきが出たりします」
  • というわけで今回色々な症状がでても原因が解っていたので、驚いて病院を駆けまわり、右往左往することはありませんでした。しかし、肩や首の凝りが最悪の状態にまでなってしまったので、暫らくは治療にしたところ、症状も改善されました。
  • 現在は小康状態を保っていますが、これからも仕事を続けている限り毎日長時間パソコンを使わなければならず、放おっておくとこの度のように悪化するのは目に見えているので、定期的に治療に通い、体の手入れをするつもりです。運動不足にもなり勝ちなので、スポーツクラブに行き水泳でもしようと思っています。
  • 福山市駅家町 K.I(実名のイニシャル)さんから頂いた「患者さんの声」です。

五十肩で苦しんだ患者さんの声

  • 酷い五十肩で苦しみました。2011年10月頃から右肩の調子が悪くなり、近所の整形外科や総合病院に1年通院し治療を受けましたが治りませんでした。2012年9月26日には総合病院で右肩の手術を受け、1ヶ月入院しました。退院後も通院しリハビリに取り組みましたが、症状の改善がみられず、今度は左肩まで調子が悪くなってきました。
  • 痛みで夜も寝られないし、肩があまり動かないから日常生活の中でいろいろなことが出来なくなっていました。長い間まじめに治療を受け、手術までしたのに一向に良くならないため、精神的にもまいっていました。
  • 知人の紹介で2013年6月から高木整骨院に通い、約3ヶ月で元通りに治りました。今は痛みも無いし何でもできます。
  • 福山市多治米町の堀本貞夫さんから頂いた「患者さんの声」です。

10年来の肩こりが改善。早めの対処でこじらせない患者さんの声

  • 海外旅行を控えていた数年前のこと、長時間飛行機に乗っているとギックリ腰が再発するのではと心配になりました。そこで初めて高木整骨院を訪れました。まだ針治療は受けたことがなかったので、指圧で治療して頂きました。
  • 治療室にはベッドが4台並び、カーテン越しに常連の患者さんの声が聞こえます。歩行がやっとという方や、県外から来られている方もおられます。高木先生は患者さんにその都度、なぜこんなにひどくなるのか丁寧に説明しておられました。そのお話は私にとって全て「目からウロコ」ものでした。
  • ギックリ腰になるのも、腰に疲労が溜まりすぎて極限の時何かをきっかけに現れるもので、放っておくと膝や足首へも痺れが回ってくると教えて頂きました。
  • 若い頃から肩こりもひどく、家族して気に入った按摩屋さんに定期的に通っていました。その方が随分前に亡くなられたので肩こりグッズで紛らわせていた所、高木先生と出会い、本格的に肩こり治療をして頂くようになりました。今では針治療をして頂いてます(怖さが取れた!)
  • この十年、左首の根本にトゲが刺さっているように感じていましたが、次第にトゲの高さが減っていき、あとちょっとという所まで改善しました。
  • ところが実家の両親の介護が増えて2~3ヶ月治療に行けなくなると、肘や指先に違和感や痛みが出たり、ある時期には左顔面の疲れ易さや痛みも現れてきました。そこで暇が出来た時は集中して治療して頂いてそこそこ復活という現状です。
  • まだ60代で、自分でも回復力はあると過信していますが、朝の洗顔時に2秒ほどめまいを感じた時には「ああー、これは肩こりから来ているんだ。今日は車の運転はやめておこう。早く高木へ行こう」と軌道修正をしています。
  • これまで度々、高木先生や患者さんから聞かせて頂いてきたお陰で、「行き着かず」に早めに対処できていることに感謝しております。
  • 福山市北見台の浅野明子さんから頂いた「患者さんの声」です。